福岡シンフォニック合唱団

練習スケジュール

※2020年6月20日まで活動休止を延長させていただきます。詳しくは掲示板をご覧ください。

中山先生からのメッセージ

福岡シンフォニック合唱団の皆様へ

新型コロナウイルスという未知なるものの影響を計りかねている内に、ずるずる、ポコポコと感染が広がり、岐阜の合唱団でのクラスター発生により全国の合唱団は自粛を強いられることになりました。私の住む門司区も新小文字病院のクラスター発生で全国区になりました。福岡は4月4日現在、東京891、大阪397、神奈川237、千葉296、愛知220、北海道191、兵庫190、埼玉159、福岡146で、全国で9位の感染者数です。
 今、メンバーが知りたいことは、いつ練習が再開できるのかということでしょうが、合唱団はやりたいと思っても会場が通達によって、利用出来ないというのが現状です。
 新聞や本から二つほど、引用します。
@毎日新聞「開成中学、高校校長 柳沢幸雄氏」
 リーダーには「判断」と「決断」が必要である。「判断」とはいろんな情報をもとに論理的に考えていけば、一つの解答がおのずと見つかる場合で、専門家のアドバイスはこうした思考過程から出てきます。大体においてはこれで事は済みますが、時には情報が不足した状態の中で何らかの決定をしなければならなくなることがある。これが「決断」です。
 シンフォニックのリーダーさんたちは、メンバーと共に、やがて大きな決断を迫られることになるでしょう。次は希望につながる文章です。
A「作曲家が語る音楽と日常」望月京
 「創造(想像)」こそが、人間の活性化を導く〜言葉を変え、何度もそう書いてきた。プラトンの「饗宴」の中で、ソクラテスが教えを乞う異国の賢い女性ディオティマは「創作」についておおよそ次のように述べている。
 人は「美=よきもの」を永遠に求めるが、死すものであるから、よきものにふれて何かを生み残すことで永遠(不死)を得る。体が生み残すのが子ども、心が生み残すのが創作だ。創造は劇作家だけのものではない。
 ディオティマがそこで例に挙げるのは法や神殿を作った者たちであるが、私が思い出すのは母の友人だ。
 毎年6月、母は梅仕事に忙しい。庭の梅を梅酒と梅干しにし(これも「創作」)、差し上げた方から後日、色鉛筆で手描きの梅おにぎり型お礼状が届いた。海苔型のバンドを外して開封すると、パラパラまんがみたいに頁を繰るごとにおにぎりが食べ進められ、余白に感想が一文ずつ。最後は梅干しの種だけになり、「ごちそうさまでした」で終わる。
きゃ〜おもしろい。かわいい!!
 20年くらい前のことだが、確かにこの手紙によって、お目にかかったこともないこの方は、私の中で、「不死」の存在となったのだ。
 シンフォニックの音楽が「ごちそうさま」と聴いてもらえ、「不死」の存在となることを信じて耐えましょう。足腰も声も筋肉、その日に備えて鍛えておきましょう。
神のなさることは時にかなって美しいと信じて、その時、その時を大切にしたいものです。皆と会いたいです。練習したくてうずうずしています。
4月5日   中山 敦

練習曲

モーツァルト「リタニア」(ベーレンライター版)   

ベートーヴェン「ミサ曲ハ長調」(ブライトコプフ版)

 

演奏会

♪第34回 2020年10月18日(日)/アクロス福岡 シンフォニーホール